好きなものっていいよね。

社会人1年目。邦ロック、ハロプロ。

社会人1年目で感じたこと。ホワイト企業に就職することが'幸せ'なのか?

私は、大企業といわれる会社に入社しました。


いわゆる年功序列、終身雇用制度が残る会社です。
事業も重厚長大産業で、従業員も多く抱えています。


年収もとてもよく、1年目にも関わらず500万弱あり、年休もほぼ100%取得することができる。


いわゆるホワイト企業と呼ばれる会社です。


ワークライフバランスに優れ、1730には大抵帰ることができ、残業も月に多くて30時間。




他の人から見たら羨ましがられるかもしれません。



でも、僕は全く満足出来ていません。



・仕事をしないで会社に暇を潰しにきてる管理職の上司

・自分の仕事を人に押し付けるが当たり前の職場

・日々同じことの繰り返しのルーティンワーク

・尊敬できる上司が全くいない


そんなのどこの会社も同じじゃない??

という反応が来そうですね。笑



最近、ある本を読みました。


『モチベーション革命』 著 : 尾原和啓さん


この本の「はじめに」にある文章に非常に共感しました。

出世するため、お金のため、モテるため、美味しい食事やワインを楽しむために、人生まるまる仕事に捧げる上司を見て、「自分はこうはなれない」「自分はこうなりたくない」と思ったことはないでしょうか?

まさに日々思っていたことでした。


就職活動していた頃も常々考えていました。


『東京一工卒、体育会、リーダー経験有』


この文字列と、空前の売り手市場も相まって、就職活動にあまり苦労することはありませんでした。


でも、本当にみんなと同じ一流大企業に行くのが自分にとっての最高の選択なのか?


自分の中で答えが出せないままに、就職活動の〆切が来て、気づいたら、内定を承諾し、今の会社に就職しました。


この時に答えを出せなかったことが、今になって響いてきているのだと思います。


自分にとって最高の会社はなんなのか?

自分にとって最高の生き方はなんなのか?


この答えを出すために、自分なりに試行錯誤していこうと思います。


意識高ぶるだけの人間にならないよう

自分の中の軸をぶらすことなく。


先にあげた本に、僕のような人間を「乾かない世代」と表現していました。


この表現はある意味正しく、ある意味悔しい。


ただ、このように一括りにされるのは尺なのでこの理解の範疇をこえるところに行きたいですね。


よし。がんばろう。

TBSのドラマ「陸王」が人々に刺さる理由



本当に心に刺さるドラマですね。


日本の成長を支えてきた製造業が主人公。




今の日本だからこそ。


今の向かい風な日本の製造業の状況だからこそ。



こんなに胸が熱くなるのかもしれませんね。



日本のメーカーはひと昔に比べて圧倒的に苦しい。

既存事業では限界が見えてるのはみんなわかってる。

でも

一歩踏み出せなくて

周りの顔色が気になって

失敗するのが怖くて

今の状況から変わろうとしない。


でも陸王は、こはぜ屋は、違う。

足袋メーカーから脱却しようとあらゆる手を打っている。

こはぜ屋の未来のため、従業員のため、家族のため

本当に一生懸命変わろうとしている。


その葛藤や挑戦する姿が逞しくみえます。



この、こはぜ屋の姿は、日本のメーカーで働いてる人にはどう見えているのでしょうか?


絶対に、心に刺さる部分があると思います。


日本の製造業は"今"変わらないといけない

そのためには人の意識が変わらないとだめだ。

みんなで変えよう。日本の製造業をまたカッコよくしよう。




「同じ仕事でも、ただ金のためにやらせるのと、一緒に同じゴールを目指して挑戦するのは全然違う。そこには絆が生まれる。その絆が次のビジネスチャンスを生むんです。」



社長(役所広司)の言葉です。



この言葉はメーカーはもちろん、日本のサラリーマンみんなに刺さる言葉じゃないですかね。


たしかに、"青臭い"かもしれません。


でも、これが本質であると信じたい。




今の職場、今の会社ではどうか?

自分にできることはないか?


そう、振り返らせられる言葉ですね。



さすが、ドラマのTBSだ。。。


僕も1年目だけど、頑張ってみよう。うん。

さユりのライブを観て現代のアイドルシーンについて考えることがあった


さユりのライブを初めて生で観ました。

2.5次元と言われるように

2次元のさユりを、プロジェクションマッピング

3次元のさユりを、本人の力強い歌声で表現

個人的には、初音ミクと乃木坂等のアイドルの間の存在であると感じました。


そして、圧倒的な存在感も感じました。でも儚さという影も宿しており、不思議な感覚でした。



今回の記事では、さユりについて書きたいわけではありません。


今のアイドルシーンについて書いていきたい。


2017年現在のアイドルシーンでは乃木坂46AKB48モーニング娘。'17と挙げられるが、一際目立つのはやはり「欅坂46」であろう。

他ジャンルではあるが、今地下アイドルからアーティストへと変貌しているBISHも飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

そして、それぞれのグループで圧倒的エースがいる。


平手友梨奈とアイナ・ジ・エンドだ。



この2人とさユり




それぞれの活躍するフィールド、属性は違う。



今や最も人気アイドルグループの乃木坂46の派生ユニットであり、最も勢いのあるアイドルグループの欅坂46の不動のセンター平手友梨奈


2次元と3次元の間にいながら、孤高のシンガーソングライターとして、自らの最大の武器であるキレのある歌声でステージに立ち続けるさユり


地下アイドルの枠から大きくはみ出し、もはやアーティストの域にも達しているとも過言ではないBISHのアイナ・ジ・エンド




僕は、この3人には似ていると思う。




一見、大人の圧力や世界観を、人形のように表現しているようにみえる。



でも、それは違う。



それぞれが、個々に自分の芯をもち、それらに抗う姿を魅せている。



「孤独」「不安」「自己」に対する解釈を全力で表現している。自分たちの声や、パフォーマンスが観客の心を動かすと信じて。



現代社会は、昔とはちがう。




当たり前なものがなくなり、次々と新しいことが生まれていく。何を信じて、何になればいいのか明確な指針は存在しない。



今の若い世代、10代20代は不安で一杯だ。




それでも、前に進むしかなくて

それでも、自分を信じるしかなくて

それでも、生きていかないといけない。



そうしたミレニアム世代の心を掴むから、3人のアーティストはこれほどまでに今輝いているのだと思う。


いつでも、エンターテイメントの中心は若者だ。

若者の心を捉えて離さないものこれが"シーン"だと思う。


2018年も、この3人は注目していきたい。

【旅行記】初の奄美大島&与論島へ。


有給をとって、奄美大島与論島に来てます。




若干曇ってるけど、やっぱりめっちゃ綺麗。





星もどれがオリオン座とか北斗七星とか分からないぐらい、他の星も鮮明に見えてしまう。





見えにくいけど、奄美の星の様子。




こちらは与論島のビーチ



ちなみにこの旅行ですが、

2泊3日 奄美大島
2泊3日 与論島

というスケジュールでした。
でも、今日11/23で終わりを迎えようとしてます。



1番印象的だったのは、奄美大島の飲み屋であった1人のおばちゃんと2人の同年代の女の子。



奄美大島1日目に訪れた居酒屋さんで偶然出会った3人



たわいない話をする中で、仲良くなり、次の日に島を案内してくれることになりました。しかも、女の子たちはわざわざ午後半休まで取ってくれて………。



どこの馬の骨かもわからない僕に優しくしてくれて、感謝してもしきれませんね!!

ほぼノープランで来た奄美大島で、どうしようか考えてたので本当に助かりました。。笑


ちなみに、具体的に何をしたかというと


カヤック(マングローブ観る)
・海を一望できるスポット(1枚目の写真のところ)
・泥染め体験
・鶏飯で有名なお店に連れていってもらう
・1番綺麗なビーチへ案内


と、車も出してくれてこんなにしてくれて最高の思い出になりましたね。夜一緒にお酒を飲んだだけなんですけどね!笑(ちなみに出会った居酒屋はガジュマルの樹の下というお店です。ぜひ奄美大島行く人は立ち寄ってみて下さいね!)




ただ、この旅で唯一残念なのは与論島で百合が浜が見られなかったこと……天気が悪すぎた。。



ちなみに、百合が浜の写真はこんな感じ。





浜辺から1kmぐらい先のところに、こういう場所があります。

"海面は太陽の光をうけてキラキラと輝き、白い砂浜とエメラルドグリーンの海の色はまさに地球の楽園。
この百合ヶ浜で「年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれる」という伝説があります。"


という最高の場所に行けなかったのは本当に残念。


与論島行く人は是非立ち寄って下さいね。。。




本当に奄美大島与論島もいいところでした。

奄美大島の人ほんまに優しすぎ。人の心大事。


僕は来年夏にまた来ると、3人に約束したので奄美大島には来ます!!


(たまには、こういうヲタク臭くない投稿も自然でいいなぁ。笑)

MBTI(性格診断)で自分について改めて考えてみた。

f:id:poruw:20171021140613p:plain

 

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

 

去年の就職活動ときも、改めて”自分がどんな人間”か考えるために、こういうサービスを利用してました。

 

今回の記事は、MBTIという性格診断ツールを用いて、自分を振り返ってみます!

 

 

 

 MBTIとは??

 

 

MBTI日本協会というものによると以下の通り。

 

 

MBTIとはユングのタイプ論をもとにした、世界45カ国以上で活用されている
国際規格に基づいた性格検査です。

MBTIは他の性格検査とは異なります。
MBTI(エムビーティーアイ:Myers-Briggs Type Indicator)は、個人をタイプに分類したり、 性格を診断したりすることが目的ではありません。回答した個人一人ひとりが、自分の心を理解し、 自分をより生かすための座標軸として用いることを最大の目的にしています。そのために、原版の 研究開発は20年以上の期間をかけてなされただけでなく、現在出版されている諸外国の国際規格の MBTIも、それぞれの国のMBTIエキスパートといわれる心理学者や臨床心理士ら、専門家の手によって、 長い年月をかけ、それぞれの国の文化にあわせたかたちで、国際規格に基づいて研究開発されたうえで 出版されています。
MBTIが、他の心理検査と大きく違うところは、検査結果はあくまでもきっかけに用い、一定の訓練を 受けたMBTIの専門家といわれる人たち(MBTI認定ユーザー)の支援を受けながら、MBTIに回答した本人が、 自分についての洞察を深め、自分のベストフィットタイプ(もっともしっくりくるタイプ)を見つけ出す 過程(プロセス)そのものを重視しているところです。要するに、結果だけでなくそれをきっかけに自分の 理解を深めていくプロセスがあってはじめて有益になる検査ですから、検査というより、メソッドという ほうが近いといえます。
日本では、このMBTIツール/メソッドが2000年から正式に導入されはじめ、現在では1000名を超える有資格者が誕生、 総勢15万人以上の人がフィードバックを受けています。日本でも、このMBTIの有益性は、諸外国と同様、 さまざまな分野で急速に認められ始めています。 

 

簡単にいえば、そこそこ信頼できる性格診断ツールですかね。

 

巷には、色々と性格診断ツールがありますが、このMBTIはその中でも世界的に認められているものという感じ。

 

 

 

なぜ唐突にこんなことをやりだしたのかというと...

 

  

所謂”サラリーマン”が向いてないと感じるようになったからです。

 

The サラリーマンというと色々想像できますね。

 

・上の意向ばかり気にする

・どんな理不尽なことがあっても我慢する

・週末はとりあえずゴルフ   etc...

 

上記は一部だと思います。

 

色々ある中でも、僕が1番嫌なのが

 

「人格的にも、能力的にも優れてると言えない人が、年齢が上だというだけで偉そうにしている環境」です。

 

これは、僕のような終身雇用前提(今のところ)の会社だから起こりうるものかもですけど!

 

僕が育ってきた環境ではこのようなことは全くなかったので、会社に入ったときは本当にカルチャーショックでした。

 

あ、これがいわゆる”サラリーマンとしての常識”なのかとひしひしと感じました。

 

これが我慢できる人、できない人はいると思います。僕も我慢していますが、”理解”はできそうにありません。笑

 

自分の人生あと60年はあるのに、こんな環境で貴重な20代を過ごして良いのかと考えるようになり、じゃあもう1回自分の強みや性格を考え直して、自分が最も気持ちよくいられる環境はなんなのかと考えてみようと思いました。

 

 

そこでこのMBTIですね!

 

 

 

自分の性格は、なかなか変えることはできない 

 

自分が「どのような家庭環境で育ったかや、兄弟構成はどのようか」、「学生時代に所属していたコミュニティーやその周囲の環境などは特に、人格形成に影響を与えるものです。

 

僕、PORUWの場合であれば以下のよう

 

①4人家族で、兄(自由人)がいる次男ポジション

②割と放任主義で、干渉を受けなかった

③学生時代は常にチームスポーツをしていた

④周囲の人々が個性に溢れた人が多かった

 

 

これが大きなバックグラウンドとなり僕の人格が形成されてます。

 

 

そんなボクの診断結果は......

 

 

ENFP(広報運動家)でした!

 

 

“広報運動家”型の性格 (ENFP-A / ENFP-T) | 16Personalities

 

あなたの職業には興味はない。知りたいのは、あなたが何に憧れ、それを叶えることを夢見ているかだ。あなたの年齢には興味はない。知りたいのは、愛や夢を手に入れるために、人生という冒険のために、馬鹿だと思われても構わないかどうかだ。

Oriah Mountain Dreamer

 

 

めっちゃカッコいいこと言ってて笑った。誰か知らんけど。

 

高校1年生からアイドルヲタクだったこともあり、いろんな世代・年代のヲタクと触れ合ってきたことや、所属団体が風通しのよい部活だったこともあり、肩書や役職にあまりこだわりがありません。

 

それよりも、本当にその人がそのような考えを持っているかやどういう考え方をしているかの方がよっぽど興味があるなぁ。

 

 

f:id:poruw:20171021145207p:plain

 

 先に挙げた、4つの要素がここで活きてきますね。

 

①自由人の兄を持つ僕は、幼少期、兄の後を常に追っかけていました。僕は、何を起こすか分からない兄の姿がキラキラしたものに見えてました。(兄はいま映像関係のクリエィティブ系の仕事してます。)

 

放任主義だったため、格式ばったルールに縛られることは少なかった。部活も、所謂体育会系とは全く違うものだった。

 

③チームスポーツが好きで、個人競技には全く興味がない。仲間と何かを達成することが好きっていうのが大きいかな。

 

④ヲタク友達、高校時代の友人、部活の人間関係。すべて、個性を個性として受け入れる環境が揃っていました。陰湿ないじめなんか全くなかったし、むしろ際立った個性を面白がる環境だった。

 

 

 

 

久しぶりに、しっくりくる性格診断でした。笑

 

自分のバックグラウンドを理解して、性格を理解することは生きていく上で結構重要だと考えてます。

 

自分が得意なことを伸ばせる環境を探せるし、苦手なことを無理に伸ばすこともない。

 

 

結論

 

もっと自由に生きようと思います!笑

 

とりあえず、いろんな人に会って、いろんな人の考え方を知ることから。

 

人生100年時代と言われる今日で、同じ会社に4、50年もいられないし、そろそろ自分のキャリアについて考える時期ですね〜。

 

人生を通しての目標は、「人として立派な人になる」なので

それを叶えられるような出会いを探しにいきます。