好きなものっていいよね。

社会人1年目。邦ロック、ハロプロ。

ハロプロ新体制をハロ!ステ号外とともに振り返ってみる。

www.youtube.com



‼︎この記事は、level3のコア向けです‼︎

(他記事にはlevel1~入門編~、level2~ライト向け~あります。随時追加予定)




これを6/16の公開と同時にみて、驚きとワクワクと少しの複雑な気持ちがわいたのを覚えています。


オフィシャルサイトでは以下のように発表がありました。


森戸知沙希は モーニング娘。'17
梁川奈々美は Juice=Juice
船木結は アンジュルム
に移籍してメインの活動を行い、カントリー・ガールズと兼任いたします。

ハロプロ研修生
段原瑠々は Juice=Juice
川村文乃は アンジュルム
に加入いたします。
一岡伶奈は新グループのリーダーに就任します。
新グループの他のメンバー・始動時期については今後改めて発表いたします。”


この動画の評価は、2017/10/15現在、高評価4288 低評価3272 コメント数3276と大きな反響を呼んだことは間違いありません。他のアイドルグループと比較して、”保守”よりなイメージが強いアップフロントがこのような大テコ入れを行ったということがこの反響を呼んだ理由として考えられるでしょう。






今回は、この動画で印象的だったシーンを振り返ってみます。









f:id:poruw:20171016172047p:plain

ちぃちゃん(森戸知沙希)がリーダーの譜久村聖ちゃんに「気持ち的には.....どう?」と聞かれたときのシーンです。


少し考えて言葉を選んでいる様子で、4,5秒の間があって

「でも、なんか、やっとどのグループかわかんない状態だったのですっきりしました。」

この最初の「でも」っていう言葉に彼女の心情がとても表れていると個人的には感じました。


多少のマイナスな感情が彼女の中にあったのは事実でしょう。本当に、モーニング娘。でやっていけるのかや、個人的には他に行きたいグループがあったのかもしれません。その本音の部分を押し殺して、ふくちゃんに心配をかけないようにと失礼のないようにと、考えて出した言葉のように思えます。


いきなり、モーニング娘。に入れといわても動揺するのは当然ですし、むしろこの決定を受け入れて堂々としてます。
あえて感情を言葉にするなら、「受容と覚悟」ですかね。もう腹をくくるしかないといった感じでしょうか。カッコいいですね。ちぃちゃん。


これから約4ヶ月弱で40曲以上もモーニング娘。の曲とダンスを覚え、かつ仕上げてきているというのは本当に驚きです。本当にプロフェッショナル。そういう意味での今回のWe arw Morning musumeのツアーは見どころあります。



poruwlife.hatenablog.jp



さて、次は船木結ちゃんのこのシーン


f:id:poruw:20171016174359p:plain



あやちょ(和田彩花)とわかり、思わず泣いてしまうシーンですね。

この泣きの感情は、安堵の涙といって間違いないでしょう。不安な気持ちで扉をあけたら、あやちょがいる=アンジュルムへの加入なので、ふなっきにとってアンジュルムは願ったり叶ったりだったのかもしれませんね。ここはあくまで予想ですけど!

アンジュルムは本当に温かいですね。個々の個性が個性としてしっかり認められているところが。


f:id:poruw:20171016175747p:plain


このシーン。いい雰囲気のグループなんだなぁと感じさせてくれます。笑

自分が温かく迎えられた分、今度は私がそれをする番だ!!みたいな。笑


こういうのは好き嫌いはあるといえど、僕は大好きですね!



次は、宮崎由加さんが2人目のやなみん(梁川奈々美)がいるとわかったこのシーン。

f:id:poruw:20171016182934p:plain



おそらく、スタッフには「juice=juiceにはメンバー加入があります。」としか伝えられてなかったのでしょう。

2名加入ということを理解し、すぐに受け入れる体制を整えているのが、さすが年長メンバーですね〜。

juice=juiceはアンジュルムとは違い、これまでメンバー加入がなかったグループにも関わらずこの対応はさすがとしか言いようがないです......

今ではすっかり、馴染んでいるようで、今度の大分でのライブが楽しみです!!


最後に。

この動画は、全体を通して淡々と、かつありのままを伝えている印象を受けました。

だから、それぞれのリーダーの対応や、メンバーの素の感情が映像に現れています。

だからこそ、ふくちゃんの戸惑いの様子は余計に目立ってしまったのかもしれません。


ふくちゃんは、ハロープロジェクトが変わることを決して拒んでいるわけじゃないけど、変わっていくスピードに心が追いついてないのかなと。
心理的には僕らのようなヲタク的な考えと多少似通った部分があるかもしれません。

大好きだったあのハロープロジェクトがどんどん変わっていくのを肌で感じてる分複雑なんでしょう。


でも、最後のインタビューのシーンでは、しっかりと前を見つめていたので安心しました。

なんてったってモーニング娘。のリーダーですからね!!!

20周年コンサートで最高のパフォーマンスを見せてくれていることが彼女の答えなんだと思うと、来年のハロープロジェクト20周年はどんなことが起こるのかとワクワクが止まりませんね!!

しっかりと目に焼き付けましょう!

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。〜@福岡市民会館

f:id:poruw:20171015001323j:plain





‼︎この記事は、level3のコア向けです!!

(他記事にはlevel1~入門編~、level2~ライト向け~あります。随時追加予定)





モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。




10/14(土)福岡公演1日目 昼/夜ともに観てきました。


簡単に感じたことをまとめていきたいと思います。




※セトリネタバレあるのでご注意を!!




【セットリスト】

Aパターン/回替わり:=昼 =夜

1 わがまま 気のまま 愛のジョーク
2 ナルシスかまってちゃん協奏曲第5番(未発表曲)
3 気まぐれプリンセス
4 THE マンパワー
5 What is LOVE?
6 邪魔しないで Here We Go!
7 CHO DAI(未発表曲)
8 私のなんにもわかっちゃいない
9 弩級のゴーサイン

モーニング娘。の歴史を振り返る映像~

10 愛の種

【回替わり】
11 女と男のララバイゲーム
  DANCEするのだ!
12 1から10まで愛してほしい
  いいことある記念の瞬間
13 My Way 〜女子校花道〜
  本気熱いテーマソング
14 OK YEAH!
  Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜

15 恋は時に(譜久村・生田・石田・佐藤・工藤・野中・森戸)(未発表曲)
STYLE OF MY LOVE(飯窪・小田・牧野)(未発表曲)

16 メドレー

セクシーキャットの演説
君さえ居れば何も要らない
A B C D E-cha E-chaしたい
What's Up? 愛はどうなのよ
NATURE IS good!
Be Alive

17 ジェラシー ジェラシー
18 One・Two・Three
19 青春 Say A-HA
20 Oh my wish!
21 ドッカ〜ン カプリッチオ
22 ENDLESS SKY

【アンコール】
23 若いんだし!
24 涙ッチ

となんとまぁ立派なセットリストです。

回替わりの部分は、過去にリリースしたアルバム2枚から2曲づつを披露しているので、全部で6,7個のパターンがあると断言できるでしょう。今のところは、1st/2ndと7th/8thと11th/12thと3rd/4thの4種類がお披露目されてますね。

ちなみに、他2つのそれぞれの披露曲は以下の通りです。

【1st/2nd】
Good Morning
サマーナイトタウン
NIGHT OF TOKYO CITY
抱いてHOLD ON ME!

【7th/8th】
パープルウィンド
Be ポジティブ!
大阪恋の歌
Ambitious! 野心的でいいじゃん

詳細はこちらがよりわかりすいかと。いつもありがとうございます。






【個人的雑感】

昼公演後直後のボクのツイート


144文字ちょうどで表すならこれが感想になりました...笑


このBe Aliveの演出を詳しく説明すると

工藤がセンターの階段上がる
⇨工藤以外のメンバーが工藤を囲む
⇨メインモニターに工藤以外のメンバーのポジションが担当カラーのライトで表示される



f:id:poruw:20171015015912j:plain



下手くそな図解です、、、。
こんな感じのフォーメーションです。メンバーの配置は曖昧ですが。

素敵な演出ですね。演出家っていいなぁ。

新たなステージへと向かう彼女をメンバーが見送る。

このコンサートは工藤がこのようにセンターで目立つシーンがやはり多いと思いました。



そして、”What's up? 愛はどうなのよ〜”と”My Way~女子校花道~”です!!!!

ボクがモーニング娘。を見出したのが2013年の「The Best!〜Updated モーニング娘。〜」が発売した頃なので、その前の「⑬カラフルキャラクター」「12,スマート」はよく聴いていたので思い出深いんです。笑
メドレーで流れてきたときは、異常にテンション上がって横のヲタクに勢い余ってぶつかりましたね。


他にもたくさんありますよ。

”初めてのTHE マンパワー!!!”

この曲ってこんなにかっこいいんですね。知りませんでした。



www.youtube.com




これはコンサートツアー2013秋 〜 CHANCE!〜のときのものです。
このときと比べると今の方が遥かにパフォーマンスのレベルが高いです。比べ物にならない。ぜひ、実際に観に行って確かめて欲しい部分ですね。メインボーカルの部分は、小田ちゃんとまーちゃんです。上の動画小田ちゃんを普通のサイヤ人とすると、今の小田ちゃんはまじでスーパーサイヤ人3ぐらいいってる。


”私のなんにもわかっちゃいない”が好きすぎる


www.youtube.com



みんなのリズム感ある歌い方に痺れてしまう。。。

まーちゃんの「物事の道理がわからないなんてさ ただ友達と過ごすのも難しくなる 難しくなる」が好きすぎる。

そろそろアルバムも出るだろうし、絶対収録して欲しい。


・新曲がことごとくカッコいい

「ナルシスかまってちゃん協奏曲第5番」
⇨チュルルッチュルルね。
「CHO DAI」
⇨サビの転調気持ちいい。
「STYLE OF MY LOVE」
⇨変態リズム系。こんなん歌って踊るの無理。

全部好き。youtubeにあるので検索して聴いてみて下さい。

やっぱり、モーニング娘。には良い曲が回るし、歌いこなしますよね。。。


まーちゃんの音ハメ歩き

前のほうで初めて見たんですけど、まーちゃんの音ハメ歩きめっちゃ良くない?
歩いてるのみるだけで楽しいってモーニング娘。のライブ楽しすぎる。まーちゃんって本当に”アイドル”してるっていうより、純粋に”音楽”に合わせて楽しんでるってい言ったほうが合ってる気がする。裏拍でリズム取ってるとき姿に惚れてしまう。


メドレー恒例のめちゃくちゃカッコいい繋ぎ

メドレーのセクシーキャット入る前のイントロからの繋がり気持ちよすぎます。

本当にモーニング娘。のメドレーがめちゃくちゃ好きなんだよなぁ。ハマったきっかけも、メドレーの動画みてだし。

これとか。(当時見てたメドレー削除されてるっぽいので他のを)

www.youtube.com


もうねこれも好きで繋ぎの部分のメロディー聞いて、「次はあれかな?」って予想するのも楽しい。なのでメドレーは絶対セトリ見ないで行きます!!


このツアーこなしてるちぃちゃん、よこやんすごすぎ

よこやんは入ってまだ1年ちょっととかでこの怒涛のツアーこなしてるの凄いし、ちぃちゃんは言わずもがな。
これをさらっとこなしてしまうのは、やっぱり”モーニング娘。”が紡いできた伝統や高い意識レベルが背景にあるのは勿論のこと、プラチナ期や鞘師の時代と比べて”華がない”と言われることへの悔しさからも相当あるだろう。もう1つ言えば、ちぃちゃんが加入して、このセトリをこなすのを見てたら自然と周りも火が着いたってのも想像しやすいですね。

まぁただ、夜公演の最後の方はちぃちゃん完全にバテバテでしたけど。。。笑



【総評】

このツアーは確実にこの先のモーニング娘。史に残るツアーになる。

メンバーの気合の入り方違うが今までとぜんぜん違う。

20周年を迎える今、今の”モーニング娘。”は、”私たち”だ。と言わんばかりの。

ハロプロはまだまだ伸びしろありますね。

アンジュルムがライブハウスツアーを気の抜けた感じでやってる間に、モーニング娘。はえげつないツアーをやっているというね。これがツアーの感想が、どんどん広まって、ハロプロ全体の刺激になればなと思います。

改めて今、「モーニング娘。'16 コンサートツアー秋 〜MY VISION〜」を観直して思ったこと

f:id:poruw:20171012200553j:plain

 

現在、好評の「誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。~」の福岡公演を明後日に控えた今、改めて2016年の秋ツアーの「モーニング娘。'16 コンサートツアー秋 〜MY VISION〜」を観直しました。

 

シンプルに、良いライブだったと感じました。

 

 

!!この記事は、level2~ライト向け~です!!

 

(他記事にはlevel1~入門編~、level3~コア層向け~あります。随時追加予定です。) 

 

「level3~コア層向け~」

poruwlife.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【セトリ】

 

01. The Vision
02. Tokyoという片隅
03. ブレインストーミング
04. 強気で行こうぜ!
 
-MC、13期発表-
 
05. 秋麗
06. 色っぽい じれったい
07. ムキダシで向き合って
 
-MC(工藤、小田)-
 
08. 青春コレクション(尾形・野中・牧野・羽賀)
09. 地球が泣いている
10. 君の代わりは居やしない
11. そうじゃない(フル)
12. 泡沫サタデーナイト!
 

-MC(譜久村、飯窪、加賀、横山)-


13.~25. スペシャルメドレー~MY VISION~
-13. ゼロから始まる青春(尾形・野中・牧野・羽賀)
-14. ナビが壊れた王子様(工藤)
-15. Do it! Now(佐藤、ラップ全員)
-16. ウソつきあんた(小田)
-17. トキメクトキメケ(譜久村・生田・飯窪・石田)
-18. 恋ING(飯窪、後半10期)
-19. ガラスのパンプス(石田)
-20. せんこう花火(生田、後半譜久村・生田)
-21. ブギートレイン'03(譜久村、BD:尾形・野中・牧野・羽賀)
-22. Take off is now!(佐藤・工藤・小田)
-23. ダンスパフォーマンス
-24. Only you
-25. ドッカ~ン カプリッチオ
 
-MC(煽り)-
 
26. 君さえ居れば何も要らない
27. Password is 0
28. わがまま 気のまま 愛のジョーク(フル)
29. What is LOVE?
 
-MC(挨拶)-
 
30. Be Alive
 
-Encore-
 
E1. セクシーキャットの演説(フル)
 

-MC(マイビジョン(譜久村))-
 
E2. One・Two・Three

 

 

 

 

【感想】

 

このツアー自体は、パシフィコ横浜とこの映像作品として残ってる日本武道館公演を実際に会場で観ました。

 

なんといってもこの公演の好きなところは1曲目。

 

その1曲目の The Visionの入り。イントロの部分。

 

あの会場を包み込むように広がる音。

 

その音の”リズムと振動”で一気に観る人々を引きずり込むような。

 

そしてメンバーの視線の先には小さな”蒼炎の光”

 

同時に、11人のモーニング娘。’16のメンバー、1人1人の"vision"がスクリーンに映し出される。 

 

モーニング娘。って言ったら羽賀朱音だよねっていう、そういう存在になりたい」「皆さんが楽しいから私が楽しいっていう、そういう気持ちを大切にしたい」「歌と共に気持ちを届けていきたい」「新しい自分をもっともっと見せていきたい」「歌を人の心に届けることを大事にしたい」「モーニング娘。を知るきっかけに自分がなりたい」「音楽が大好きっていう気持ちをコンサートにぶつける。それだけは忘れない、何があっても」「私のダンスは絶対人にマネできないって思ってもらえるようなダンスを踊りたい」「世界でも通用するアイドルでいたい」「また自由奔放に自分らしさを出したい」「今の11人でしか創れないモーニング娘。を創りたい」

 

聴覚と視覚の両方が圧倒されました。

 

久々の感覚。

 

身体が待ってましたと言わんばかりに反応したのを今でも覚えてます。

 

パシフィコ横浜で初めて、この音を生で感じたときは、すーーっと涙が流れました。

 

もちろん、これは悲しいとか寂しいといったマイナスの感情からのものではありません。

 

身体がそう勝手に反応したんです。それほど、あえて言葉で表現するなら”感動”したんです。

 

あの感覚を求めて、ライブや音楽を求めてるんだと原点回帰させてくれました。

 

ありがとう。

 

【この武道館公演の意義】

 

この公演の意義は最後の譜久村聖ちゃんの言葉と、最後の曲である「One・Two・Three」に込められていると個人的に解釈しています。以下billboard-japanの引用です。

 

譜久村聖によるMY VISIONが語られる。「モーニング娘。は常に変わっていかなきゃいけないグループだなって思うので、卒業だったりとか、加入だったりとか、もう忙しいこといっぱいあるけど、それでも! つまづいても、足踏みしても、それでもやっぱりもがいて上がっていかなきゃいけないし、何年経っても芯は変わらないのが、メンバーが変わっても芯は変わらないのがモーニング娘。なんじゃないかなって思います。私はモーニング娘。が大好きです! モーニング娘。が好きだからこそ自分がやれることっていっぱいあると思うんですよ。いつの時代のモーニング娘。も好きだからこそ、今のモーニング娘。を一番観てほしいと思っています。なので、ファンの皆さんには、モーニング娘。がいつどんな状況でも一番に楽しんでもらいたいなって思っています。今回のツアーを通して思ったんですけど、ファンの皆さんが見ているVISIONと私たちが向かってるVISIONってきっと一緒だなって思うので、私が、私たちがそのVISIONを叶えていけるように頑張っていきたいなと思いますし、ファンの皆さんにもついてきてほしいなって思います!」

そして「11人でパフォーマンスするラストナンバー、お届けします!」と、今のモーニング娘。の代表曲であり、今の11人、そしてモーニング娘。'17にとっては継承していくべき1曲になるであろう「One・Two・Three(updated)」を披露。気付けばもう4年前の楽曲。しかし今はもうここにいないメンバー含め、大事に大事に新たなアンセムとして育ててきた1曲がこの日確かな衝撃を与えるナンバーとして息づいている、眼前に広がる10000人を大熱狂させる楽曲として存在している事実。ひとつの時代の完成を感じると共に、まだ見ぬ未来へのドキドキをお土産としてプレゼントされた夜だった。この日もまたここから始まる物語への大きな伏線になっていくことだろう。何故なら、モーニング娘。は何度でも進化するのだから。

 

リーダーの「モーニング娘。は、何年経っても芯は変わらない。

 

モーニング娘。というグループに対する尊敬・継承の気持ちがよく現れてる言葉だなぁと思いました。やはり、モーニング娘。はなんといってもハロプロの1大看板には変わりありません。そのモーニング娘。を今のメンバーで最高の形でモーニング娘。’16として表現していく強い意思も同時に感じました。

 

 

そして、アンセムである「One・Two・Three

 

モーニング娘。が再注目されるようになったきっかけの曲。

 

僕が”新しいモーニング娘。”を知ったきっかけの曲でもあります。

 

その、今のモーニング娘。の代表曲を最後に持ってきたのは、やっぱり「このモーニング娘。’16が、”今”のモーニング娘。である」という主張に他ならない気がしました。

 

4年たった今もなお、その当時の衝撃を色あせさせないようなパフォーマンス。

 

それを観客に見せつけることで、今のモーニング娘。’16をアピールしたかったのかと思ってます。

 

 

 

 

また、この武道館公演時には、13期メンバーの発表がありました。

 

加賀楓ちゃんと横山玲奈ちゃんの2名です。

 

一方は、ハロプロ研修生入りからデビューまで約4年を要し、もう一方は4ヶ月と。

 

2017年10月現在は、森戸知沙希ちゃんも14期メンバーとして加入し、少し影が薄れてしまった印象もあるが、9期・10期がいなくなったモーニング娘。を引っ張るのは2人なのでこれからの成長に期待します。

 

 

 

とりあえず、10/14の福岡公演が楽しみで仕方がない。

 

welcome 涙っチ。

 

 

よかったらフォローして下さい!!

 

 

ちなみに、引用したbillboard-japanのサイトには以下です。

 

平賀哲雄さんは素敵な文章を書くなぁといつも感心してしまいます。僕も頑張ろう。

 

 

www.billboard-japan.com

アンジュルム ライブツアー 2017秋「Black & White」@福岡drum logos

武道館公演ぶりにアンジュルムのライブ入りました。





!!この記事はlevel2~ライト層向け~記事です!!

(他記事にはlevel1~入門編~、level3~コア層向け~あります。随時追加予定です。)




【セトリ】

 01. 私、ちょいとカワイイ裏番長
 02. 愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間
 03. 出過ぎた杭は打たれない
 04. 次々続々
  ★MC
 05. 魔法使いサリー
 06. カクゴして!
 07. 魔女っ子メグちゃん
  ★MC (和田・船木→勝田・川村)
 08. 愛さえあればなんにもいらない
 09. 七転び八起き
 10. ドンデンガエシ
 11. 大器晩成
  ☆アンコール
 12. I 無双 strong
  ★MC
 13. 友よ

正直、セトリもマンネリ感は否めず、5月の武道館公演と比較してしまうとどうしても落ちてしまう部分は否めなかったなぁ……。ライブハウスツアーだからなぁ。。。武道館公演が良すぎたのもあるからなぁ。。。


対して、モーニング娘。'17のツアーは本当に気合が入っていて、セトリも変わるし、新曲もたくさんあるし、邪魔しないで here we go良すぎるし。ずるくない?


やっぱり地方のライブハウスツアーって、立ち位置的にはナルチカとかそっち方面の公演だから、多くは望んだらいけないなと改めて思いました。


ライブハウスツアーは、これからは、初日終わってセトリとか観ていきたくなったら行くでおっけーですねー。



なんか、大分に配属になって思ったけど、地方の公演はやっぱり、東京とかの公演よりもメンバーの気合の入り方が違うのが目に見えてしまって、これまで自分が観ていた公演は本当にベストパフォーマンスのものが多かったんだなーと。

この前のUVERの愛媛のライブもそう感じたし。




とはいえね。


とはいえ、船木結ちゃん良すぎん?

初めて船木結ちゃんと川村文乃ちゃん観たけど、やっぱり船木結ちゃんがいい。本当に。

素晴らしい人材を入れてくれて、ありがとう。

歌よし、ダンスよし、トークよし。真面目。



アンジュルムは来年のホールツアーでのライブを楽しみにして、今年の秋はモーニング娘。の方で楽しませてもらいます!!


涙ッチを聴きたいので、頑張ってチケット剥がします。



最後になりましたが、今日の公演で1番面白かったのは

佐賀公演終わりに、竹内朱莉さんがモツ鍋を人一倍食べながら、室田瑞希ちゃんに

「痩せてぇーーーー」

と言った話でした。

個人的にハマってる邦ロックバンド3組をあげます!【2017年上半期】

九州のど田舎に配属になり、去年のようになかなかフェスやライブにふらっといけない.....


でも今年は初のロッキンに参加するのでそれを夏に楽しみにしていきます!


ロッキンの記事はまた今度書こうかなぁ〜(ちなみに、11,12に行きます)





というわけで、早速、題名通り





「僕が個人的にハマった邦ロックバンド【2017年上半期】」



をご紹介します。








【Nulbarich(ナルバリッチ)】



f:id:poruw:20170722150718p:plain





Nulbarich - NEW ERA (Official Music Video) [YouTube Ver.]





Nulbarich - It's Who We Are (Official Music Video) [Radio Edit]


公式HP

nulbarich.com




HondaのCMにもなってるやつですね。


個人的には「Guess Who?」というアルバムの"Ordinary"がお気に入りです。


よくサウンドとしてはSuchmosとかに似ているって言われてます。
(僕はSuchmosはあんまり好んで聞かないですが、そこまで音楽性似てるかなぁとは思いますけど)

音楽誌では、ブラック・ミュージックや90年代のHIPHOPをルーツにしていると言われてますね。

ボーカルのJQの歌声がすっと入ってきて、それに合わせて楽器隊が奏でる音楽に気持ちよく身を任せられる...


先にあげた、「Guess Who?」というアルバムは


1, Follow Me
2, It’s Who We Are
3, On and On
4, Ordinary


の4曲構成なんですけど、一生ループして聴いてられるぐらい気持ちいいです。

動画で気になった方は聴いてみて下さい。ちなみにApple Musicに全曲あります。

(てか、Apple Musicに登録しててよかった。マジでApple Music有能すぎてる。もはや、自分で入れたCDの枚数よりも、Apple Musicでお世話になってる枚数の方が多い気がする。)



【yonige】


f:id:poruw:20170722151806p:plain




yonige -さよならアイデンティティー-【Official Video】





yonige「さよならプリズナー」【Official Video】



公式HP
www.yonige.net



いやー去年のMURO FES.で初めて目にしてからもう延々に聴いてる。


vo/gtの牛丸さんが好きすぎる。シンプルにかっこいい。もちろんごっきんも。
(ちなみに上のアー写の、左が牛丸さん右がごっきん)


リリース作品としては、demoを除いて3作品ですけど全部いい。特に「Coming Spring」最高。


これも一生リピートして聴いてられる


大阪の寝屋川出身のバンドで、女性二人でやってます(drumは別にいますが、正式メンバーではないです)


歌詞とか歌のテーマはマイナスなオーラなものが多いんですけど、それを吹き飛ばす意思とかかっこよさを感じさせてくれます。それもあって、女性にもとても人気があります。

演奏にも派手さだったり、奇抜なものはなにもない。

でも、静かに、でもかっこよくステージで演奏する姿に惚れてしまいましたね。

これから確実に売れていくバンドだと思います。


f:id:poruw:20170722153505p:plain


去年のかたつむりは投げないツアー最高だったなぁ。


yonigeは残念ながら、Apple Musicにはないので自分でCDを買って下さい!!



【GLIM SPANKY】




GLIM SPANKY-「怒りをくれよ」Music Video(Short.ver)



GLIM SPANKY「ワイルド・サイドを行け」MV (SHORT VER.)

公式HP

www.glimspanky.com



ボーカルの女性のハスキーボイスが特徴的で1度聞いたら忘れませんね。

女性と男性の二人組で活動してるバンドですね。今までにミニアルバムを3作品リリースしてます。

去年のCDJで初めて観たんですけど、↑2つみたいなパワフルな曲もあれば、バラード調の楽曲もあります。

CMソングとかもやってるんで知ってる人も多いかもしれません。

ちなみに、Apple Musicにあります!!





この3組のバンドはこれから色々フェスにもバンバン出ていくアーティストだと思うので

ぜひ演奏を聴きに行ってみてください!!